持ち主の魂が宿る機械式腕時計

持ち主の魂が宿る機械式腕時計

機械式腕時計の時計が選ばれる理由について考えていきたいと思います。

それが機械的で正確さを追求していることの知恵のシンボルが、人の目に見えるように、
電子回路によるものとは差別化を図っているように思います。

生成を超過して相続した所有者の歴史のシンボル、あるいは生活自体の象徴ではないかと
思います。

なるほど、機械的な時計は、もはや時間チェックの正確の中に先端の存在ではありません。
しかしながら、私は、それは「正確さ」の中に決してないものより、まだ劣っていることに
ならないと思います。

ゼンマイが回転され、時間が結合されない場合、正確に移動し続けることができない機械的な
時計があります。

また、機械的な時計は時々調子を崩してしまい、その持ち主が喪えば打つことを止めます。
しかしながら、それが時間を超過することができ、新しい所有者が生成を超過して得ることが
できる場合、それは時間を刻むために再び始められます。

私は、機械的な時計によって、まだ衰えさせられない魅力は「時間で戦うための道具」ではなく
「時間に面するためのツール」として見る時、それに基づいた上で感じられる場合があると
思います。
したがって、私は今機械式腕時計を愛用しています。